占いの種類はこんなにある

占いの種類はこんなにある

皆さんは占いの種類がどれくらいあるかご存じですか?

実は正確な数はわかりません。

大元から占い師により手を加えて新たな占いも作られています。

エンターテインメントから本格的な占星術となると、幅が広くて数えきれないでしょう。

なので今回は本格的な占いの中でもよく使われるものをお伝えします。

占いは大きく分けて3つ

占いは大きく分けると命(めい)術、卜(ぼく)術、相(そう)術の3種類に分けることができます。

1.命術(めいじゅつ)

命術とは、生年月日、時間から、生まれ持った運命や宿命を読み解く占いです。

その他にもその人の特性や強み、苦手な事なども丁寧に読み取って、その人の悩みをどう解消するかを解釈していきます。

その名の通り、命とは運命や宿命を表します。

有名なところとしては、

・西洋占星術

・インド占星術

・宿曜占星術

・四柱推命

・算命学

・紫微斗数

・数秘術

などがあります。

この占いは、生きる方向性や悩みについても、どう捉えたらいいのかということが見えてきます。

なので命術を選ぶポイントとしては、自分の強みや得意なことをまず知る事。

その上で、弱点をどう補強していくのか考えていくという事なので、そのような悩みを持っている時には命術を選ぶと良いでしょう。

2.卜(ぼく)術

卜術とは、カードや、サイコロ・コインなどの道具を使って、偶然に現れた象徴から物事の吉凶を占うものです。

その時その時の運の流れを読み解く占いなので、今現在の事、その時どういう行動をべきなのかなど、実際に動いている事柄によって変わりゆくものを見ていく占術になっています。

有名なところとしては、

・タロットカード

・オラクルカード

・トランプ

・おみくじ

・易

・花びら占い

・ビブリオマンシー

などがあります。

この占いは、選択や決断するときに、お告げのように受け取ることが多い占術です。

卜術ではタイミングやどう決断するか、どう動くかなどを決めたい時には卜術を選ぶといいでしょう。

3.相(そう)術

人相や手相など形あるもの、顔や手の形、足の大きさ、家の間取りや名前などから、その人の吉凶や、生まれ持った運命などを読み解く占いです。

・手相

・人相

・姓名判断

・家相

・風水

・印相

この占いの特徴は、形を基に占うものなので、髪形を変えたり、メイクを変えたり、家を建て直したり、家具の配置を変えたりするだけで運勢が変わってくるとされています。

実は手に怪我をしただけでも運は変わるとされています。

運気を変えたいと思う時などは相術がいいでしょう。

自分を奮い立たせる意味でも相術は有効なものだと思います。

芸能人が芸名を変更する時なんかは、このような理由がほとんどです。

TOPページを見る