占い師を始める前後の変化

占い師を始める前後の変化

人生の分岐点を聞かれたら、私は少し前が一番の分岐点だと思います。

今まで歩んできた人生のどこよりも、大きな分岐点が占い師になったことです。

平凡な人生を歩んできた私には、結婚と出産が大きな分岐点でしたが、それを超えるほどの分岐点に差し掛かりました。

どのように変わったか、私のお話ですが、参考になればと思います。

無料でほしよみ式の世界を覗く!

私の人生を大きく変えた占い師という仕事

これまでの私の人生は、平々凡々でした。

学生時代の成績も平均点、普通の一般企業に入社し、そこで今の旦那と社内恋愛の末結婚。

2人の子供に恵まれ、平凡ながらも幸せな生活をしていたと思います。

我が家は決して裕福ではありません。

だからと言ってお金に困っているというわけではありませんが、余裕もないという状況。

どこをとってもずばぬけているものがない人生です。

それでも私にとっては十分なのかなと思っていましたが、それは諦めだったようです。

今回、ほしよみ式占い師養成講座に出会い、占い師として働き始めた今、今までの人生で一番輝いているような気がします。

それは趣味でもあり、遣り甲斐となった「占い」の存在が大きいと思います。

普通では仕事行くのにワクワクなんてしないと思いますが、占いの仕事をする前はワクワクしている私がいます。

在宅でできるのですぐに仕事に入ってしまいますが、それでも仕事を楽しみにしている自覚があります。

人に感謝される喜び、そして自分の技術や能力でお金をいただく喜びは想像以上でした。

その他にも考えられる要因として、自分で自分の事が占えるので、困った事や悩み事がある時はすぐに占って解決します。

いつでも最善の対策ができるので、悪い結果になる事がありません。

それは家族に対してもそうです。

そう考えた時に、占い師になってから、私の周りに悪い事が起きなくなりました。

たまたまなのかもしれませんが、私は占いのお陰だと思っています。

もしあの時始めていなかったら、幸せを感じない生活を過ごしていたかもしれません。

まだ初めて半年程度ですから、これから先の事は何とも言えないはずですけど、私には少し先の事はもう既に見えています。

なので不安に思う気持ちも以前より、だいぶ少なくなりました。

無料でほしよみ式の世界を覗く!
TOPページを見る